アミノ酸と石鹸シャンプーは、どっちが髪に優しい?

アミノ酸と石鹸シャンプーは、どっちが髪に優しい?

「アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプー、どちらかに切り替えたい。」

 

「両者の違いは何?どちらを使う方が良いの?」

 

 

市販シャンプーの大半は、ラウリスやラウレル硫酸を使った「石油系シャンプー」。

 

 

石油系は原料が安い反面、頭皮の刺激が心配されているもの。

 

 

代わりになるシャンプーを、探している貴女へ。

 

 

アミノ酸シャンプー・石鹸シャンプー。どちらも良さそうなイメージがありますが、どうなのでしょう?

 

 

2つのシャンプーの違いと、オススメできるものを紹介したいと思います。

 

 

両者の違いについて

 

2つのシャンプーの違いは「界面活性剤」の違いによるもの。

 

 

シャンプーの成分の大半は水ですが、次に配合割合が多いのが「界面活性剤」になります。

 

 

界面活性剤=洗浄成分です。

 

 

アミノ酸を使っているか、石鹸を使っているかの違いです。

 

 

添加物や保湿成分などは、どちらのシャンプーにも含まれることがあります。

 

 

違いは、洗浄成分なのです。

 

 

洗浄成分が違っても、頭皮への優しさに関係ない

 

石油系であれば、明らかに頭皮に悪いというのはあります。

 

 

ですが、アミノ酸も石鹸も、どちらも頭皮に悪いモノではありません。かといって頭皮に良いモノでもありません。

 

 

アミノ酸だから刺激がない、石鹸だから刺激がない、ということはありません。

 

 

両者の成分の違いは、あくまで「洗浄力」です。

 

 

つまり、皮脂汚れを落とす力の強さが違うのです。石鹸の方が洗浄力が高く、しっかり汚れを落とせます。

 

 

肌刺激とは、切り離して考えましょう。

 

 

ちなみに、「洗浄力が強い方が、汚れも落ちるから良いのでは?」と考えるかもしれません。ですが良いことばかりではないのです。

 

 

洗浄力が強いと、たしかに皮脂汚れはしっかり落ちますが、保湿に必要な皮脂まで奪われてしまいます。

 

 

石鹸シャンプーを使うと、汚れはサッパリ。でも地肌がカサカサになりやすいのです。

 

 

かといって洗浄力が弱いと、皮脂汚れが残って頭皮がべたつきやすくなります。

 

 

どちらも、一長一短があるものなのです。

 

 

繰り返しになりますが、「髪へのやさしさ」には、洗浄成分は関係ありません。

 

 

髪や地肌にやさしいのは、どっち?

 

 

洗浄力の問題は、まず置いておいて。

 

 

頭皮や髪を、しっかりいたわりたい場合。どちらを選べば良いのでしょうか。

 

 

「アミノ酸シャンプー」に軍配があがります。

 

 

えっ?と思うかもしれません。

 

 

石鹸の方が、地肌にやさしそうなイメージがありますよね。実際は逆なのです。

 

 

石鹸シャンプーは、アルカリ性です。わたしたちの皮膚(頭皮)は、弱酸性なのです。

 

 

弱酸性という言葉を、聞いたことはありませんか?

 

 

頭皮に限らず、肌へのやさしさを表す言葉として有名ですよね。

 

 

皮膚と同じ弱酸性であれば、それだけ刺激にはなりにくいのです。

 

 

反対に、アルカリ性は肌にとっては「異物」なのです。皮膚がデリケートな方ですと、刺激になる場合があります。

 

 

もちろん、みんながみんな使って荒れるわけではありませんが。

 

 

添加物が入っていても、アミノ酸シャンプーが追い?

 

この辺が、判断の難しいところです。

 

 

頭皮への刺激になるのは、パラベン(防腐剤)や香料などの添加物も関わってきますから。

 

 

いくらアミノ酸が良くても、添加物が入っていればそれだけ髪には良くありません。

 

 

肌へのやさしさへの順番を表すとすると、

 

・アミノ酸シャンプーの無添加 > 石鹸シャンプーの無添加 >通常のアミノ酸シャンプー >通常の石鹸シャンプー

 

という順番になるのです。

 

 

つまり「アミノ酸シャンプー」かつ「無添加」のものを使うことが、理想です。

 

 

ノンシリコンは頭皮への刺激とは関係ありません。髪自体をコーティングするためのもので、直接地肌に刺激となることはありません。

 

 

それでも心配であれば、ノンシリコンも条件に加えてみると良いでしょう。

 

 

石鹸シャンプーの疑問 >