石鹸シャンプーと他のシャンプーの違い|良い点・悪い点は何?

石鹸シャンプーと他のシャンプーの違い|良い点・悪い点は何?

「石鹸シャンプーが良さそうだけど、良くないという評判もあって迷ってる」

 

「他のシャンプーとの違いがよくわからない」

 

 

市販の石油系シャンプーでは頭皮に良くないことを知って、石鹸シャンプーに切り替えを検討中の方も多いと思います。

 

 

頭皮にやさしく、余計なコーティングもなさそうだから髪に良さそうですよね。

 

 

はたして本当にそうなのでしょうか?

 

 

石鹸シャンプーは実際のところ、他とどう違うのか。本当に石けんシャンプーでよいのか。紹介します。

 

 

<h3>他のシャンプーと違う点@:洗浄剤

 

シャンプーは洗浄剤の違いによって、次の4つに分かれます。

 

・高級アルコール系⇒市販シャンプーのほとんどが該当

 

・オレフィン系

 

・石鹸系

 

・アミノ酸系

 

と分かれます。

 

 

上に行くに従って、洗浄力は強くなります。ドラッグストアで売られている安いシャンプーですと、洗浄力は良いのです。

 

 

ただし、洗浄力が良すぎて頭皮にある皮脂も「ごっそり」奪ってしまい乾燥します。

 

 

4段階ありますが、実際のところアミノ酸以外は、洗浄力は強いです。石鹸系も洗浄力が強い分類に入るのです。

 

 

普段から皮脂汚れで、頭皮がべたべたな人には良いですが、脂性肌でない場合は頭皮に必要な皮脂まで奪われます。

 

 

しっかり洗えるので、洗い心地も良いですし、洗い上がりはさっぱりするはずです。

 

 

それは石鹸シャンプーが頭皮に良いからでは、決してありません。

 

 

汚れがしっかりとれたからさっぱりします。ですが皮脂が奪われるので、乾燥しやすくなるのです。

 

 

どちらかというと、皮脂分泌量の多い男性に向いています。

 

 

<h3>他のシャンプーと違う点A:アルカリ性

 

 

本物の石鹸シャンプーは、主成分が脂肪酸カリウムを配合しています。

 

 

一般的なシャンプーは人間の肌と同じ、弱酸性。石鹸シャンプーは反対に、アルカリ性という性質を持っています。

 

 

アルカリ性は、地肌と反対の性質をもつもの。だから刺激になってしまうのですね。

 

 

皮膚の弱い方ですと、荒れる原因になることがあります。

 

 

石鹸シャンプー=頭皮に優しいというのは、あくまでイメージなのです。

 

 

もちろん、特に敏感肌でなければ、そう簡単に荒れることはありませんが・・でも使うときは、注意したいところです。

 

 

アルカリ性ですと、髪にも悪影響があります。

 

 

髪の表面を覆う「キューティクル」が開いてしまうのです。

 

 

キューティクルは髪の一番外側をコーティングして、ツヤを出すためにあります。

 

 

キューティクルが開くと、その中のケラチンと呼ばれるタンパク質が逃げ出していき、ツヤとうるおいが失われます。

 

 

その結果、髪がパサパサしたり、きしんだり。髪に元気がないように見えてしまうのです。

 

 

アルカリ性に傾いた髪は、酸性のリンスを使うことで中和して、防ぐことができます。

 

 

一般的なリンスではなく、石鹸シャンプー用のリンスが必要になりますので、その点でも手間がかかります。

 

 

<h3>他のシャンプーと違う点B:使い勝手が悪い

 

石鹸シャンプーは実際のところどう?のページでも少しお話しましたが、使い勝手が良くありません。

 

 

石鹸カスが頭皮に残りやすい、泡立ちは良くない、香りが持続するわけではない。

 

 

石油系やアミノ酸シャンプーを使った後に石鹸シャンプーを使うと、シャンプー時の気持ち悪さが際立ちます。

 

 

使い慣れるまで、時間がかかるというのが辛い所です。

 

 

よほどのことがない限り、オススメできる理由がないというのが正直なところです。